社員レポート


営業部  古谷 和博

自然災害

 今年も本格的な夏の季節がやってきました。
 日中は30℃近くまで気温が上がる日もありますが、朝・晩は一気に冷え込みますので体調管理には気をつけたい所です。
 今、ニュースでは台風の影響で九州地方で豪雨の影響で川が氾濫し、道路や家が冠水している映像が流れています。
 不動産を扱う仕事をしていますので自然災害によって家屋が、決壊されていく映像を見ると胸が痛む思いです。
 札幌にも多くの河川や山等があり、今まで大きな自然災害にはあった経験が無いのですがいつ北海道にも自然災害が起こるかわかりません。
 2〜3日前にも北海道地方でも大きな地震があり、私の自宅では震度4を記録していました。
 夜の11時過ぎに地震が起きたのですが、すぐ収まったのでテレビのニュースを見て窓からの景色を眺める事しか出来ませんでした。
 毎日、朝のニュースや新聞を読むようにしておりますが、天気の急変にはすぐ対応する事が難しい時もあると思いますが、最近は携帯電話等の緊急時のアラームによって事前に大きな地震が来る時は、心構えが出きるようになりました。
 かと言っても私自身が今まで、北海道で生活していて自然災害による大きな被害を経験したことが無く、実際に大きな地震や台風による災害に直面した時に何が出来るか考え直さなければならないと思います。
 私どもが取り扱っている物件は大型マンションが中心ですが、今一度、非常階段や各種警報器、電気製品等の点検を心掛けながら、お客様に接していこうと思います。
北海道は梅雨や台風の被害が少なく、暑い夏の生活を過ごすのに最適ですので観光やマンスリー契約での短期間の生活が人気です。
 より快適な生活を送れるようにお手伝いをさせていただこうと思います。