社員レポート


営業部 古谷 和博

自然災害

 今年の北海道は台風の被害が問題になっています。
 8月だけでも3つも北海道に上陸しました。札幌は風と雨の影響だけでしたが、十勝地方や道東方面では床上、床下浸水やガケ崩れ、道路の寸断等多くの被害が出ました。北海道の夏は梅雨の影響が無く、台風での被害もあまり聞いたことがなかったのですが今年は異常気象でしょうか?天気の良い日は湿度が少なくカラっとした、過ごしやすい天候が北海道のイメージでしたが、そのイメージを覆すような夏でした。北海道の有名な野菜やコメ等も相当被害が出ており、魚の漁獲量にも影響が出ていると連日ニュースの話題となっているのを目にします。

 天候だけは我々の手ではどうしようもないですが、対策や避難場所等を調べておく事で被害を最小限に抑える事が可能ですので、北海道だからと言って油断せずに日々の生活を過ごしていこうと思います。

 とはいえ、やはり北海道の夏は過ごしやすいです。今年も観光の人気もあり、多くの観光客の方が来道されています。夏休み付近になると、場所によっては日本人よりも外国人の方が多くみられる場所もあったり、当社にも外国のお客様が来店されたり、道を歩いていてもホテル等の場所を英語で聞かれたりするケースもありました。
 一度、日本語が上手な外国の方が来店された時に、今度友達が留学で札幌に来るので部屋探しをしてたのですが、その時に「日本人はとても親切で生活がしやすい」と話されていました。その方は大きな大学の留学生で日本に来て2年位との事でしたが、普通に日本語で会話をしていても問題がなく、自分の国で日本語を勉強されたと言っていました。
 日本で勉強して、将来は自分の国で会社経営をするのが夢だと話されていました。実現できるように、応援したくなりました。