社員レポート


営業部 二瓶 卓真

VR×不動産

 VRとはヴァーチャルリアリティすなわち仮想現実のことを意味する。
 特殊なグラスを装着することによって、コンピューターで作った仮想世界や現実の映像を、実際の感覚を通してリアルに体感する技術のことだ。
 不動産業界では「このVRを使って物件をヴァーチャル内覧する」というサービスがここ最近の流行になってきているらしい。実際の部屋を360°撮影した映像はもちろんのこと、日当たりや眺望などが再現された3D仮想空間を通してみれば竣工前のマンションでも限りなく本物に近い見え方がするので、購入する方も安心感が得られるというものだ。

 身近なところで既にこの技術を導入しているのが「SUUMO」である。
 無料配布している情報雑誌の付録として、「SUUMOスコープ」というボール紙製の組み立て式のゴーグルを付け、そこにSUUMOのアプリをインストールしたスマホをセットすると、室内の様子を立体的な映像で見ることができるというのだ。

 このVR技術を使えば、写真だけでは分からない部屋の視覚情報を手っ取り早く体感することができ、遠方のお客様にも物件を効果的にアピールができる。
不動産会社の方も物件案内をする手間が省けるということもあるかもしれない。

 iPadが発売されて以降、現在ではiPadが店頭にある不動産屋もそう珍しくはなくなってきた。
まだまだ発展途上ではあるが、不動産とIT技術は、もはや切っても切れない関係にあることを考えると、今後各不動産のホームページでも、写真だけでは無く、VR用の動画を載せるのが当たり前といったような時代が来るかもしれない。