社員レポート


和田

4月レポート

 今の時代、節電するよう気を付けたり、ハイブリットカーに乗るなど環境への影響を考えながら生活している人が多いと思います。

 お部屋の中についている給湯器にも、少ないガス量で効率よくお湯を沸かす省エネ性の高いエコジョーズのものがあります。エコジョーズの給湯器では、今まで使わずに捨てられていた排気熱を有効に利用して、あらかじめ水を温めるため、従来の給湯器よりも効率よくお湯が沸かせるしくみになっています。そのため、ガス消費量も少なくなり、その分ガス料金が安くなるため、家計にも優しいと言われています。また、地球温暖化の一因となる二酸化炭素排出量も大幅に削減でき、環境にも優しいです。

 2013年3月には、ガスメーカーが生産するガス給湯器をすべてエコジョーズに切り替えるという「エコジョーズ化宣言」が出されました。日本ガス協会が発表している出荷台数から普及率をみると、2014年3月末時点での出荷累計台数は、548.2万台となっています。2020年には合計2,000万台の普及を目標に掲げているそうです。

 普段の生活の中でも様々な点からエコを実践できると思いますので、考えていきたいと思います。