社員レポート


営業部 三原 健太郎

3月度レポート

先日、投資をお考えのお客様に聞かれたこともあり札幌市内の人気の居住エリアを調べていたところ数年前の調査ですが、札幌市内の住みたい街のランキング形式のものを見かけました。以下の調査の対象は札幌圏居住の20歳以上との事で市外居住の人は対象になっていません。

その中で全128エリア中、円山公園エリアが1位、2位が大通で概ね想像通りでした。
3位は以外にも?(私の感覚では)琴似、その他弊社で扱っている物件の地域を調べてみたところベスト10には、4位・札幌駅北口、7位・宮の森、10位・西18丁目周辺という事でした。

ちなみにその他弊社扱いの物件が多い地域では11位に中島公園周辺、12位に平岸、16位に東区役所、17位に西11丁目付近、22位に麻生、29位に北12条駅周辺、33位に北12条駅周辺となりますので弊社で扱っている投資用マンションの多くが市内の上位人気エリアに入っていることになります。

投資を考える場合、部屋を探す方はそれぞれ事情、職場・学校の場所や地域好み、何より物件の良し悪しで部屋を選びますので人気エリアについてはそれほど気にすることはないと思います。また人気順に限らず大きい大学周辺等は一定の賃貸需要があります。

ただ、多くの方に支持されるエリアに物件を持つことは一つのリスクヘッジになると思います。物件選びに迷った際はこのような調査を参考にしてみるのもいいと思います。

地元の方に好かれる場所や、地方、道外から来られる方に好かれる場所などに多少の差はありますので地域や間取に応じて、空室対策や賃貸付の方向性(家具・家電設置やマンスリーの有無等)など考えていく必要もあると思います。

次回は道外の方から見る札幌の人気エリアを調べてみたいと思います。