社員レポート


和田

3月レポート

 3月に入っても雪が多く寒さが厳しい札幌ですが、少しずつ日が長くなってきました。寒さが和らぎ、春らしい天気になるまであと1~2ヶ月の辛抱だと思います。
 ニュース、新聞などを見ていますと、東北地方以南では最高気温が10℃以上と予報されており、九州地方では3月末から桜の開花が予想されています。北海道から比べるとまるで別の国のことのように感じられます。
 暖かくなってくると気分が明るくなり出かけたくなりますが、花粉症が気になってきます。北海道ではまだまだですが、九州から関東地方にかけては、花粉の飛散数が非常に多くなっているようです。
 花粉の飛散量は夏の気象条件が大きく影響していて、前年の夏の気温が高く、雨が少なく、日照時間が多かった場合、花芽が多く形成され翌春の花粉飛散量が多くなると言われています。今年の花粉情報によると、前年に比べ多くの地域で前年並みあるいは前年を下回る花粉飛散量だと予想されているようです。
 花粉症対策としては、マスクをされる方が多いと思いますが、部屋の中に花粉を入れないようにすることも大切だそうです。のどや顔に付着した花粉を落とすために外から戻ったら一番にうがい・洗顔をすること、窓を開ける際にはなるべく幅を狭くして、レースカーテンを必ずすること、こまめにカーテンの洗濯や窓枠・床の掃除をすることなどを習慣づけることで花粉の部屋の中への侵入を防げます。
 北海道ではまだ先ですが、待ちわびた春を快適に過ごせるよう、日々対策をしていきたいと思います。