社員レポート


営業部 原 琢

平成28年1月度レポート

 最近マンションの老朽化に伴い、水漏れ等の事故が多くなってきています。
 
 マンションの維持・管理については人間の健康管理と同じようなもので、その対処法も似ています。
 
 まずは事故が起きないように予防することです。
 病気にならないように予防接種を受けたり、食生活に気を付けるのと同じく、建物でも定期的にメンテナンスを行うか、使い方に気を付けることで寿命を延ばすことができます。

 故障や事故が発生した場合は、被害が小さいうちに迅速に対応します。
 人間の体でも「まだ大丈夫だろう」と思うことで、病気が悪化したり他の箇所にも影響がでます。それと同じように建物でも対応が遅れてしまうと取り返しのつかないことになり得ます。

 最後に事故が発生した場合に備えて保険を掛けることです。
 病気にかかるとその為の費用がかかります。
 建物の修理も当然費用がかかります。
 最終的に重要になるのは「お金」ということです。

 建物に愛情を注ぐのは難しいですが、長く付き合っていれば愛着は湧いてくると思います。

 少しの気遣いで未来は大きく変わっていきますので、それを踏まえて建物と付き合っていきたいと思います。