社員レポート


佐々木

平成26年7月度レポート(7/12)

 私の地元八雲町では7月4日(金)〜7月5日(土)の間、八雲山車行列というお祭りが開催されます。
 各団体(法人や町内会、有志など)で大きなあんどん山車を2ヶ月〜1ヶ月ほどかけて制作し、山車とともに、お囃子や踊りながら練り歩くというお祭りです。
 普段はさびれた雰囲気さえ醸し出すまちの様相が一変し、とても活気や賑わいのある2日間となります。

 このお祭りは八雲町の青年団「若人の集い」がまちづくりの一環として始めたことがきっかけです。現在もこの若人の集いが山車行列実行委員として活躍しています。若い人たちがどんどん町外へ出て行ってしまう中、町内でとても頑張っている人たちです。
 以前は八雲神社のお祭りとともに開催されていましたが現在では神社のお祭りは神社のお祭りの日程で、山車行列は7月第一週の金・土で行われるようになりました。
このお祭りも、今年で32回目となり、数年前から北海道の3大山車行列の一つに数えられるまでに大きくなりました。
 今後どういった変容を遂げるかはわかりませんが、見に行けることがあれば実家への帰省とともにゆっくり見に行きたいなぁと思います。
 1年でたった一度の大きなお祭りなので、地元の人にはがんばってもらってどんどん大きなお祭りに成長していけばと思います。