社員レポート


営業部 古谷 和博

冬の気配(11/9)

 今年も天気予報を見ていると、いよいよ雪のマークを目にするようになりました。
 毎年この時期は車のタイヤ交換をいつするかとか、冬のコートをいつ出すか等準備が必要になりますが、一番の気になる点は部屋の暖房機が正しく作動するかのチェックです。
 本格的に寒くなってから故障等に気がついたら、ストーブ業者等も仕事に追われていて修理に時間がかかってしまう事も多いです。
 ですから比較的暖かいうちに、早めに点検するように気を付けます。
 よく本州のお客様を案内するとエアコンはどこにありますか?と聞かれます。
 札幌は特に設置されている所が少ないのと、扇風機があれば大丈夫ですと答えます。
 逆に暖房機を見て北海道では必要ですか?と聞かれる事も多く、修理が必要の件の連絡をすると、電気ストーブやこたつではだめですか?と聞かれます。
 本格的な冬の時期になると、マンションの室内でもひとケタ台の気温になる時もありますので暖房機の設置は必需品となります。
 ただ、実際に本州から札幌に転勤で来た方にお話しを聞くと案外、寒さは平気でしたという方が多いです。
 当然、外は寒いですが建物に入ると比較的暖かいので逆に驚かれる事もありました。

 よく夏の北海道は旅行に行くのには最高と言われたりする事も多いですが、近年は雪景色を見に来られる観光客の方もよく見かけます。
 雪の降らない国からの観光客も多いのではないでしょうか?
 スキー場や冬の風物詩のさっぽろ雪まつりでは、多くの観光客が来られます。
 昨年は記録的な降雪量で、いろいろな障害がでましたが今年の天候はどうなのでしょうか? 
 これからの天気予報から目が離せません。