社員レポート


営業部 原 琢

平成25年11月度レポート(11/9)

 先日、プロ野球の日本シリーズが開催されました。
 
 オリンピック開催が決まり、これからの日本の発展がかかっている東京を本拠地とする巨人と、東北復興の希望の象徴ともいえる楽天の戦いという、今の日本では皆がもっとも見たいカードだったと思います。

 全国的にファンの絶対数は巨人が多いと思いますが、今回に限っては楽天を応援するという人が結構いたようで、何となく戦う前から楽天に風が吹いていたような感じがします。

 やはり雰囲気というか、勢いみたいものは重要で、結果的に楽天が4勝3敗でみごと日本一に輝きました。多くの巨人ファンも、この結果には納得だと思います。

 この楽天の優勝は、東北復興の何かのきっかけになるのは間違いありません。

 もちろん楽天が優勝したからといって、皆がすぐに元気になったり、崩壊した街がすぐに直るわけもなく、いつもと同じ生活が待っているだけなので、綺麗ごとをいうつもりはありません。

 ただ、この楽天の優勝を見て何かを感じた方はいるはずで、それぞれの意識が少しでも変われば、それが合わさって大きな力となり、目には見えず、もちろん数値にも表れませんが、エネルギーを生むような気がします。

 このような大きなイベントだけではなく、日常でも何かしらのきっかけはたくさんあります。
 このような「きっかけ」をみつけて、自分自身の力に変える事ができれば、困難な事にあっても、きっと乗り越えることができると思いました。