社員レポート


営業部 古谷 和博

高齢者の方の部屋探し(7/6)

 年々、日本の人口の高齢化が進んでいます。札幌も当然進んでおります。
当社の部屋探しのお客様も高齢化が目立ってきました。
郊外の戸建てを売却して子供の近くに引っ越しを考えている方や、交通の便の良い都心部を検討されている方等さまざまです。

 自分の親もそろそろ高齢になってきておりますが、まだまだ元気です。
家も病院やスーパー地下鉄駅も徒歩5分以内にあり、車がなくても不便を感じていないらしく本人は気に入っているようです。
家の近くには河川敷があり、サイクリングロードやジョギングや散歩も出来る所もあり、休みの日に行ってみると朝早くから大勢の人が集まっております。
年配の方から10代、20代位の若者もおりますが、みなさん健康に気を付けているみたいです。

 自分も月に数回程度ですが軽いジョギングを行っておりますが、なかなか距離も走れず、ただの散歩になってしまう事もありますが自分なりに健康に気をつけようとしています。

 会社でも毎朝、朝礼前に全員でラジオ体操を行っており続けることで効果が出てくるのではないでしょうか?
外出時には車で移動する機会が多く、歩く機会が少なくなってきているのが現状でしょうか?
先程の高齢化の話に戻りますが、私の知っている高齢者の方はみなさん元気な方が多く、一人で生活されていても特に問題はない方が多いです。
逆に我々よりも健康的な生活を送られていて70歳を過ぎてから山登りを始められた方もいらっしゃいました。

 これからの部屋作りは高齢者の方の目線で考えていかなければいけないのと、我々自身が実際に住んでみたいと思うような、物件をご提供出来るようにしていかなければなりません。