社員レポート


九石

年末年始の不具合(1/18)

 この冬は例年よりも早く雪が降り積もり、気温も低い日が続いたせいか、年末の仕事納めギリギリまでストーブや給湯器の不具合いなどがありました。
 入居者様には年末年始にご不便をおかけしないようにと、修理業者も忙しい中なんとか修理をお願いし、無事に新年をむかえることができました。

 また、私自身も先日、自宅のガスコンロの火が点いたり点かなかったり調子が悪くなり、翌日、管理会社へ連絡して直してもらいました。以前から少し様子がおかしかったガス給湯器もついでに見て頂き、部品交換等ですっかり調子が良くなりました。
 電話してすぐに対応して頂きとても助かったので、私も不具合の連絡を受けた時は、いままで以上にスピーディーに対応していきたいと思いました。

 年末年始の休暇中、2日間ニセコ方面へスキーに行ってきました。毎年、この季節になると雪の降雪量が気になり、山にはどのくらい積もったかな?とワクワクします。
 今シーズンは昨シーズンよりも一気に降雪したおかげで、例年よりも早い時期からオープンしたスキー場も多く、毎年年末年始に北海道にきているらしい本州からのスキー客の方達が、今年はいつもよりさらに凄いね!と雪質の良い北海道を楽しんでいる様子をみかけました。

 札幌などの街なかでは12月中旬に一気に降った雪で、幹線道路も通行するのが危ない状況でしたが、札幌市では例年、1月中旬から行っている運搬排雪を、12月から公共交通機関の走る道路や、幹線道路を中心にを前倒しして行っているようです。
 雪害の多い北海道ですが、札幌市も努力しているのだなと思いました。