社員レポート


営業部 原 琢

衣食住(2012/09)

 「衣食住」とは、私達が生活していく上で必要な衣(衣服)と食(食事や食文化)、住(住居)のことで、これらは生活の柱になるものです。

 これらは3つとも無くてはならないものですが、どれに比重を置くかというのは人それぞれであり、どれが一番大事かというのは決まらないでしょう。

 この中で衣(衣服)については、私達人間が自分の意志で身にまとうものであり、他の動物の行為よりも上ということで、その特殊性から最上位にきているという説もあります。

 しかし、他の2つは考えようによっては、他の動物も行っている、すなわち動物の本能にうったえるものであり、それだけ重要であるということがいると思います。

 現在は多様化の時代といわれており、衣食住についても多様化の一途をたどっています。

 私が子供の頃、テレビや本の挿絵で見た「未来」というのは、皆が同じような服を着て、同じような家に住み、料理とはいえないような固形物の食事をしているものが多かった気がします。

 もちろんこれらは想像上のものでその通りにはならないと思います。
しかし、もし昔に本で見たような未来がくるとすれば、それは多様化に飽き、多様化に疲れた人間が、衣食住が生活の柱であることを再認識し、その原点に返った時かもしれません。