社員レポート


営業部 古谷 和博

今年の天候(2012/02)

 今年は北海道、東北以外でも多くの積雪が観測され雪による障害も多く発生しております。中でも連日、新聞の記事で目にする屋根の除雪中に地面に転落による事故が相次いでいます。

 普段、我々が仕事で扱っている物件のほとんどが集合住宅であり管理人がいるマンションではいつもキレイに除雪されています。ただ、1歩札幌近郊に行きますと大きな敷地に戸建の家が目立ち除雪をするにもかなりの時間と労力は必要になってきます。最近は高齢化も進み、60代以上の方の世帯も多く屋根や敷地の除雪される方も大変苦労されていると思います。実際、私の親も60代半ばであり普段は家に居ることも多く集合マンションなので除雪は自分の駐車スペースのみで大丈夫なのですがそれでも、体のあちらこちらに支障がでているようです。

 それだけの雪の量になれば当然、交通手段にも支障がでてきます。普段私たちが乗っている自動車ならば、降雪によって道路の道幅が狭くなり場所によっては夏の時期の半分位までになることもあります。それで通常の2〜3倍、あるいはそれ以上に時間が掛かってしまう事もあります。同じくバスや路面電車も同様です。地下鉄は逆に事故がなければ、天候に左右されませんので冬の期間は特に人気です。ただ札幌全域に広がっている訳ではないので、交通機関はうまく使い分ける必要があります。

 ここ数年は郊外に戸建を所有されている方が、定年退職後、都心部の中古マンションを購入して移住される方が増えてきております。やはり降雪時期の自宅の管理が難しくなり、都心部であれば交通も便利で医療関係も充実し、なおかつマンションであれば除雪の心配もほとんどないので、私自身も同じ立場であれば1つの選択肢にすると思います。そのような時代背景もあり、中古マンション市場はこれからも更に盛り上がってくる事でしょう。