社員レポート


小木曽

暮らし方 (2011/06)

 今年の5月は気温が低く、雨降りが多かったので例年だとゴールデンウィークに桜が満開になるのですが、2週間ほど遅れて満開になっていました。
 たまたま飛び込みのお客様で沖縄から来ていた方を案内していた時、「寒い!信じられない気温だ!」と驚いていました。しかし「また桜が見られると思っていなかったから、得した気分」とも言っていました。日本が縦長なんだなぁと感じる瞬間です。

 我が家の衣替えも、寒い5月の気温と相談しながらボチボチ始めていましたが、今年はクローゼットの下の方が結露していたらしく、床に直に置いていた衣装箱がカビていました。壁と床に隙間なく置いていたので、通気よくする為にすのこを置いたり荷物をキツキツに詰め込むのはやめようと思います。
 冬場は乾燥がひどく、湿度計の測定値を振り切るほど乾燥しているのでまさか結露でカビが発生するとは思いもしませんでした。
 自宅マンションは1階が事務所で、2階が我が家。3階が去年の10月に退去して空き家になっていたので、冬季間とても寒く感じました。3月になってから3階の入居者が決まったようで、大分部屋の暖まり方が変わった印象です。やはり、上下左右のお部屋が空室だとずいぶん違うなぁと実感しました。

 しかし3階に入居者が決まってくれたので、気温は上がったのですが、物音や足音が大きくストレスが溜まります。前に住んでいた人は、ほぼ物音が聞こえず「本当に住んでるの?」という程静かな方だったので、ギャップが激しくよりうるさく感じます。そして一度気になり出すと、「またか」と感じてしまいます。 
 最近の賃貸マンションでクッションフロアのお部屋は一般的になってきましたが、素足でバタバタ歩くと音が響いて「うるさいな」と感じます。カーペットを敷いたり、スリッパを履いたり住んでいる人が各自で気を付けなければならないと思います。
 何世帯もの家族が住んでいるマンションですので、自分も含め「思いやりの心」で生活を心がけたいと思います。