社員レポート


営業 尾元 隆博

自宅マンションの大規模修繕工事中 (2011/06)

 自宅マンションの大規模修繕工事が、先月の5月中旬からスタートしました。
 大規模修繕工事の案から発足して3年越しの工事となりますが、実際に建物全体に覆われた工事用のネットを見ると本格的な工事のスタートと思いますが、実際に外壁剥しなど最近の日中はガガガ・・・と音と振動が酷いです。窓の前には足場を通る人の姿や影で常に人に見られているのでは?と気になり、しかも窓はビニールで密閉しているので換気も出来ず、外の日が当らず冷えた室内となっています。
 最近、暖かい日が続いていますが、マンションの室内は日が当らず冷えた状態が続いています。
 大規模修繕工事中の音、振動、塗装などの臭い、作業の人の姿・影で半年とはいえストレスがかかるようです。
 
 音と振動に関しては、日中いなければ気にならないのですが、塗装時期になるといくら安全な塗装を使っても臭いがするのでこの時期・期間は臭いに敏感な方は辛そうです。

 大規模修繕工事の際は、バルコニーには物を置かない、共用部分にも物を置かない、工事作業用に駐車場を一時貸す、防犯上で不審者の通報などできることを居住者の協力が必要です。

 大規模修繕工事後は、様々な問題が解消されると思います。
 住みよいマンション生活が出来るように、そしてマンションの資産価値があがる工事でありたいです。