社員レポート


小木曽

札幌でもそろそろ…

 6月の札幌は後半から真夏日が続き、少しバテてしまいました。年間天気予報を見ていると今年は「冷夏」と言われていて、5月はずっと雨が降り気温が低く野菜が高騰して、不景気に輪をかけている感じがしたのですが、6月の後半からは晴天続き、30度まで気温が上がり、「猛暑」と変更になっていました。
 「北海道は梅雨がなく過ごしやすい」と言っていましたが、家賃を支払いに来た東京からのお客様は「東京よりも暑い」と言っていました。また、クーラーの付いていない部屋が一般的なので、家賃支払いついでにアパマンの事務所で涼んでいくお客様もいらっしゃいました。
 
 我が家には茶の間に1台、クーラーが付いていますが去年は付けた記憶がほとんどなく、北海道には必要ないなと思う設備だったのですが、今年はもうすでに去年超えで連日スイッチを入れてしまいます。
 ついついついていると使ってしまい、付けている感覚も薄くなりいつも通りに家事を行いブレーカーが飛んでしまったこともありました。
温暖化の影響で、北海道の気温も毎年高くなっているような気がしますので、そろそろストーブと並んで「クーラー」を設置してもいいのかなぁと思ってしまいます。

 特にワンルームで1方向にしか窓がないようなお部屋だと、空気が抜けずにこもってしまいます。夏場にマンションに行くと、よくドアロックを掛けてその隙間に靴などを挟み、空気を流れるようにしている様子を見かけます。ただ共用廊下を通る人にのぞかれてしまいますので、女性は苦労しているのではないかなと思ってしまいます。
 大型家電量販店でも、扇風機・クーラーが今年や売れ行きがようで、特に冷える機能のついている扇風機が人気のようです。ある程度、家具家電を設置したり、お部屋の内装がキレイな大家さんは札幌も「クーラー設置」を検討してみてもいいかもしれないと思います。