社員レポート


小木曽

無断駐車

 私の住んでいる賃貸マンションは、マンション敷地内の共用玄関前に駐車場があり、1台分だけ来客者用駐車場があります。
 当初の話では、賃借人の知人等が来客した時に好きに停めてOKという通告が管理会社からきました。
 入居当初はみんな遠慮気味に停めていましたが、1年近くたった頃には同じ車が何日も停まっていたり、近隣のマンションらしき人が停めているような雰囲気があったりと、どんどんマナーが悪くなってきました。
 私は、友人が遊びに来た時や買い物の荷物を下ろす時などに利用していましたが、「あの自動車が停まりだしたら長いよね」「あの人居住者じゃなさそうだよね、よく見かけるけど違う方向に歩いていくね」という会話が自然に行われるようになりました。
 利用したいときに、長く停める車が停まっていたりすると自然に諦めるようになっていき、特に管理会社に電話をしたり等クレームはあげていませんでした。

 そんなある日、会社から帰宅すると来客者用駐車場と隣の契約者の駐車場の真ん中に停めている車がありました。変な位置に車を停めているなぁとは思いましたが、特に気にせず帰宅しました。その日の夜9時頃にチャイムが鳴り、出ると管理会社の人でした。「玄関前に車を停めていませんか?」と言うので「うちではありませんよ」と伝えました。
 どうやらまったく関係ない人が車を駐車しており、雪で線が見えなくなっていたので乱雑に停めて契約車両が所定の場所に駐車できず困っているようでした。結局、マンションの人間ではないようで犯人がわからず警察を呼ぶ自体まで発展したようでした。驚きなのは次の日も同じ車が同じように停まっていて、管理会社の人間も相当腹が立ったのでしょう、車体とナンバーが見えるように写真に撮り、「この車両は敷地内に出入りを禁ずる。停まっているのを見たらすぐに警察を呼びます」と張り紙にしてあちこちに貼ってありました。
 来客者用駐車場もポールを置き簡単に入れないようにし、さらにそのポールにも同じ張り紙がくっついていました。

 おかげで、マンションの来客駐車場を利用する場合はいちいち管理会社に連絡をし、ナンバーを言い、自分でポールを動かして停めるという相当面倒くさい作業をしなければならなくなってしまいました。その日から、何日も連続して停めていた車はいなくなり、いつも空いている状態になりました。
 マナーの悪さが目につくようになってきた頃だったので、いい薬にはなりましたが、居住住居者は非常に不便になってしまいました。管理会社も怒りにまかせて車を停めさせない事だけに意地にならず、マンション居住者には住みやすいマンション作りを目指してほしいなぁと思いました。