社員レポート


藤澤

年末の忙しさ

12月は、バタバタしているうちに、あっという間にすぎてしまいました。一昨年の年末よりも、忙しかったように感じます。
お正月休み前は、電話もあまり鳴らないようなイメージでしたが、業者からの問い合わせや、ネットの反響などを結構受けたように思います。
営業の方も忙しそうで、手薄になる時間帯もあり、だんだん賃貸が動く時期になってきたのかなと感じました。
また、インターネットなどで気軽に物件を探せるようになったことや、家賃スライドに対応できる物件もあったりと、今後はだんだん早い時期から探すようになっていくのかなとも感じました。
寒くなると、ストーブや湯沸し器の不具合などの電話を多く受けますが、やはり、設置してから二十年近くたっているものが多く、それだけ古いものだと、ほとんどが交換になってしまいます。
たまに、調子が悪くてもしばらく様子をみてから電話をくれる方がいますが、この時期はストーブがないと暮らせないですし、不具合がでたときは早めに連絡をしてほしいと思いました。
また、私の部屋のストーブも交換していただいたことがありますが、すぐに対応してもらいホッとしたことがあったので、お客様からご連絡いただいたときはできるだけ早く対応していくように心掛けたいと思います。
まだまだ寒い日も続きますし、これから不動産業は大事な時期になっていきますので、気を引き締めてやっていきたいと思います。