社員レポート


遠藤

アドバイザーとして

10月の賃貸は家具家電付物件を中心に動きがあり、短期契約の中には法人の利用が多くありました。大通周辺とその北側、西側に成約が多く、月後半になって、今まであまり反響のなかった中島公園も成約しています。

売買はネット反響で価格の安い物件への問い合わせがありました。
マンション投資初心者の方が、価格と利回りにぱっと惹きつけられ、さらに詳しい内容を電話で聞いてくるようです。また、自分で使うことを想定した反響もありましたので「驚きの安さ」がもたらす効果は大きいと思いました。

一方で、立地・賃貸状況等、総合的に当社営業のアドバイスを受けて、確実に物件を増やしているオーナーがいます。
マンション投資に関しては、実績のある信頼できる営業のアドバイスというのが一番だと思います。ただし、アドバイザーの言いなりというのではなく、オーナー自身も前向きに札幌の現状をとらえ、経験を積みながら戸数を増やしているように見えます。
当社は売買・賃貸・管理・内装インテリアと総合的に対応でき、さらに専門知識も経験も豊富なスタッフが、お客様をサポートできる体制ができていますので安心感があると思います。

賃貸で入居中のお客様に対しても、きめ細かく対応しています。
先日もお客様からトイレの臭気が気になるという連絡がありました。
換気・清掃問題なく、通常の用法で使用しているとのことでしたが、水を流して時間が経つと水位が極端に低くなり、臭気が上がってくる現象でした。

すぐに管理会社へ連絡して、通気管の点検等をしてもらいましたが、特に異常はなく、しばらく様子を見てほしいとの回答でした。
お客様に結果を報告したところ、トイレの水位が臭いと関係があることや、マンションの構造を知らなかったので「今後は長時間使用しなかったときは自分でも気をつけて、水位を確保するようにやってみます。いろいろわかって助かりました。」と言っていました。

日常の些細なことでも、マンション特有の対応があるものです。