社員レポート


営業部 原 琢

労働力

 日本の人口はこれから減少の一途をたどる見込みです。
 人口が減少すると労働力が低下し、国が衰退していきます。
 
 現在、世間では「少子高齢化」という言葉がよく使われています。
 それに伴い、少子化に対する問題や、高齢化社会の問題(年金問題等)はニュースでもよく取り上げられています。

 しかしながら、少子と高齢化の間にあるもの、すなわち現在この国を支えている労働者に対してはもっと目を向けてよいのではないかと感じます。

 労働力の低下が国の衰退につながるとすれば、逆に言えば労働力が低下しなければ、国は衰退しないということになります。

 現在は、日本に限らずですが、仕事が無くて働けるのに働けない人がたくさんいる状況です。
 違う言い方をすれば労働力が余っている、つまり国の力が余っているのではないでしょうか。

 もちろん雇用対策等、労働者に関してはいろいろな対策を練っていることとは思います。
 しかし、これを一番前に押し出して、もっと大騒ぎしても良いのではないかということです。

 総選挙が終わり、政権交代で国がより良い方向へ進むことを期待している方も多いと思います。

 誰が政権を握っても、力を入れるべき所を間違えずに政治を行って欲しいと願っております。