社員レポート


石黒 修司

今春の引越しシーズン

 今春の引越しシーズンを振り返ると、インターネットの反響で、4月から新入生になる方からの、学校近くで家具付き物件の問合せがほとんどだったと思います。例年であれば、学校近辺の物件であれば、家具がついていない物件でも、多数、決まっていましたが、去年に引き続き今年もあまり決まっていなかったように思います。
 当社では、供給過剰気味な賃貸物件を他の部屋と差別化するために、家具付き物件を扱って居ります。家賃の設定は、家具なしの他の部屋より、多少高く設定しておりますが、おかげさまで好評いただき、契約率は高くなりました。転勤が多い方や遠方から札幌に来て、初めて一人暮しをされる方が、契約されています。
 成約している御客様の反響をみると、最初から当社の家具・家電付のホームページにアクセスして物件を検索してきた方が多い様に思います。もちろん、その背景には、少しでも検索エンジンのページランクをあげるために、SEO対策に力を入れている企業努力もあると思いますが・・・。
 立地的に、都心に近い所や駅に近い所、学校に近い所であれば、家具を付けて御部屋の付加価値をあげる事によって、賃貸が決まりづらい部屋でも決まりやすくなると思います。
 また、洗濯機の排水口がない部屋などは、家具までいかなくても、洗濯機の排水口を付けるだけで、かなり御客様の印象が変わると思います。
 今までは、賃貸がなかなか決まらない場合、ただ家賃を下げれば決まるという考え方が主流でしたが、これからは、賃料を下げずに、御部屋の付加価値をあげて、決めやすくするのが主流になってきた様に思います。