社員レポート


藤澤

契約更新と対応の難しさ

 お盆がすぎたら急に涼しくなったので、あっという間に秋がくるのかと思っていたら、ここ数日はまた気温が高くなり、9月らしい暑さに戻っています。
不動産業界に関わるまでは、どの時期が繁忙期かとは考えたことがなかったのですが、暑い夏はやはり多少動きが鈍くなることがわかりました。確かに自分が引っ越すことを考えたら、汗だくになって引っ越しの準備もあまりしたくないなと思います。
これから涼しくなっていきますので、どのように動いていくのかよく見ていきたいと思います。

 8月は先月とは違い、賃貸の契約更新がスムーズに進みました。
オーナーからも入居者からも、通知を出したらきちんと連絡をくれる人が多く、特に催促をしなくても書類も戻ってきています。
なぜ月によって違うのかはわかりませんが、手続きが進めやすく、とてもスムーズでした。

 たくさんの人に連絡をとってみると、やはり、通知の期限を守って連絡をくれる方は、書類が戻ってくるのも早いと感じます。
家賃の支払いでも、滞納があったり、連絡がつきづらい人は、契約更新の手続きが滞ることが多いように思います。
家賃の支払いがひと月遅れていても全く連絡をいただけない人もいれば、1日遅れるだけで、電話をくれて謝られる方もいます。

 反応が人それぞれで、本当にいろいろな人がいるのだなと思います。
都度、どの様に対応していくべきか悩みながら進めていますが、なかなかうまくいかないことも多く、対応の難しさを実感します。

 早く、それぞれに合った対応ができるようにしていきたいと思います。