社員レポート


営業部  原 琢

ビジネスにおける「新しいこと」

 どのビジネスでも誰もやったことがない「新しいこと」を行えば、利益につながります。
 ただ、それを思いつくのはなかなか容易ではないことです。

 今、賃貸の動向が非常に厳しいものになっています。
 皆あれこれ手を打って、お客様を確保しようとしていますが、最終的にはどれも似たりよったりになってきます。

 現在は不動産業に限らず、どんどん顧客のニーズが細分化されてきてます。
 昔は企業が用意したものを顧客が選別してましたが、現在は顧客が必要としているものを企業が用意するという流れに変わってきてます。
 顧客の声を聞くというのはビジネスの基本ですが、それだけではダメなきがします。

 では「新しいこと」を見つけるにはどうしたらよいか。
 それを問われても正直、答えはわかりません。
 ただ、日々それを意識しているともしかすると何かが閃くかもしれないと思います。
 もしかするとチャンスはそこら辺にいくらでも落ちているのに、我々が気づいていないのかもしれません。
 何も意識せずにボーっとしているとその可能性すら放棄している事になります。
 そしてもっと大事な事は、何か思い立った時に実行に移すということです。
 せっかく思いついても、まわりの目が気になったり、笑われたりして足踏みしてしまう事もあると思います。
 
 「チャンスをつかもうとする意識」と「実行する勇気」をもって日々努力するのがこれからは大事なことだと考えます。