社員レポート


佐藤 淳一

マンションの管理について

マンションの管理は終わりの仕事だと思います。どれほどやってもきりのない大変な仕事ともいえます。何もトラブルなくやって当たり前で、トラブルになるとマイナス評価となってしまう大変な仕事だと思います。
マンションは管理を買えという人もいるくらい管理は非常に大切です。通常は管理会社があり管理員が配置され、住民との接点は管理員で管理員はマンションの顔と言ってもいい存在です。総会等に出席しなければ管理会社の担当者も知らないことが多いのかもしれません。管理会社の質は管理員の質により決まってしまうのかもしれません。
大手の管理会社は管理員の教育に力を入れているようで研修のため管理員が休みということもよくあります。仕事上の関わりでいうと水漏れ等のトラブルの際に、規約の内容も確認せずにすぐに専有部分で片付けようとする管理員、管理会社がありますが、しっかりしたところは共用部分の問題として解決してくれます。管理組合の利益を守るために一人の組合員の利益が犠牲にされることも見受けられます。これまではこうしたからと根拠のない対応ではなく、規約に基づいた管理をしていただきたいと思います。