社員レポート


営業部 古谷和博

賃貸物件探し

 3月はよく賃貸の最需要期と言われますが、私はあまりそう感じたことはありません。

 確かに新入学生や新社会人や転勤の方も多いとは思いますが、最近は時期に関係なく動きがあるように思います。

 特に今の時代は物件が過剰気味に供給されており、お客様がたくさんの候補の中からゆっくり、じっくり部屋を探されているので昔みたいに今、物件を決めないといい物件が無くなってしまうという考え方から、慌てなくてもそのうちいい物件が見つかるであろうという考え方に変わってきているのではないでしょうか?

 ただそのような方以外の方もたくさんいらっしゃいます。

 私が今回、経験させていただいた契約には引越しまでに時間が無く北海道以外に現在、居住されている方でインターネットで部屋を探して、仮契約を行い国公立大学の合格発表当日に正式な契約を交わした例もあります。

 これはインターネットが普及する前にはあまり考えられなかった事ではないでしょうか?

 以前はお客様が直接、不動産の店や希望の物件を捜して実際に部屋を見てから契約という形が多かったでしょうが、最近のIT機器の発達によって写真付でわざわざ実際に室内を確認しなくても、そのまま契約するケースが増えてきております。

 過去には私自身が転勤の為、実際に部屋を探すときにはまったく土地勘のない場所だったので、まずは不動産会社の場所を地図や電話帳で探し出し、希望の条件を伝えその中から、物件を選び室内を案内してもらいました。

 しかし、なかなか希望の物件を捜せず2日かけて7,8件の物件を見てしまい結局は最後に迷ってしまい時間だけがかかってしまった苦い経験がありました。

 その当時はまだ、不動産会社がホームページを持つ時代では無かったのではないかと思いますが自分自身もあまりパソコンを活用していなかったので、今の時代は携帯端末やパソコンの発達でどこにいても物件が探すことができるので羨ましく思います。