社員レポート


営業 尾元 隆博

言葉

毎日、何気なく話している言葉・使っている言葉ですが、色々な人と話しているとふっと思う事があります。
いつも前向きな事を言う人、いつも愚痴・不平不満を言う人とポジティブ・ネガティブな人に分かれます。

ある人の話を聞いた時にイメージした事、イメージの鮮明さ・思いの強さで物事の達成が変わると聞きました。
そして、言葉も大切と言ってました。

イメージした事が言葉にもなるが、言葉がイメージに繋がり・イメージを作るというのです。

ポジティブな言葉は、イメージが良い方向に向かい、ネガティブな言葉はイメージの悪い方向へと向かう。

言葉は、人生のレールとも言ってました。
自分の思った事が言葉となり、その言葉に引き寄せられて行動をした結果が自分となる。
とても言葉は大切なので、普段でもどんな時でも考えて選んだ言葉を使わないと良いものも良くならなくなると言ってました。

あと、そ〜だ!と感心したのが、人がイメージする時に自分の過去の体験・経験など見た範囲でした見れない。

という事は、色々な良いものをたくさん見て触れないと良いイメージが出来ないので、どんどん良い絵を見たり、美味しいものを食べたり、高級ブランドに触れたり、時には高級ホテルに泊まったりと様々な体験・経験をして下さいと言ってました。