社員レポート


営業 尾元 隆博

時は、命なり。

 「時は、金なり」という言葉を聞きますが、確かに時間は大切だし時間の使い方によってはビジネスに影響してお金の流れが変わり利益に反映するものだとは思いますが、どうも自分自身にピンと来ない感じがしていました。

 以前、「時は、金なり」を別な言葉で表現すると、「時は、命なり」であるという言葉と聞きました。

 最初、何の事を言っているのか分かりませんでしたが、なぜ、そう言い切れるのかを聞いていくと今までの自分の体験・経験とリンクして繋がった時に初めてピンと来ました。

 1年の大切さ、1ヶ月の大切さ、1日の大切さ、1時間の大切さ、1分1秒の大切さを知りたい時は、その時間を経験している人に聞くのが1番というのです。

 まさに先日、「余命1ヶ月の花嫁」というTV番組を見ました。1分1秒(その瞬間)の大切さを改めて感じました。

 ほんのちょっとの差で生死を分ける事もあったり、時間の感覚が短く感じたり、長く感じたりもします。

 毎日の生活(仕事もプライベートも)で集中してその瞬間を大切にしていかないと自分の人生に杭が残るのと相手に対しても失礼だと感じ、真剣に集中すると仕事もプライベートも充実していきます。その影響で相手・お客様にもよりよい関係・情報提供が出来るかと思います。

 自分は、まだまだだと思いますが、大切な時間を使ってより良い人生を歩みたいと改めて思いました。

 「1分1秒を大切に出来ない人は、人生をも大切に出来ない。自分を大切に出来ない人は、他人をも大切に出来ない。」という言葉を聞いた時に、日々、その感覚を持ち続けて行きたいと思いました。