社員レポート


営業部 古谷 和博

タイミング

賃貸での問合せとしては、例年よりも早く感じたのが、来春から専門学校に推薦入学が決まった親御さんからのものがいくつかありました。
 学校のチラシに当社の家具付物件が紹介されていることもあるのと、家具・家電付が認知されてきたこともあって、学校近くの物件を今のうちから内覧させて欲しいとのことでした。
 来年の4月からの入居だとまだ時間があるのと、今、空室でもこれからの動きがわからない等の説明をして資料のみ送付したりしました。
 しかし、なかには地方から来店してくださり、せっかくなので案内だけでもということで物件をみてもらいましたが、非常に気に入って様子で今から契約をできないかということになりました。
 だめもとで一般物件の所有者の方に連絡をしたところ、「今までしばらく空室だったので来年の3月からでもどうぞ」という返答が帰ってきて、私の方がビックリしてしまいましたが、すぐそのお客様に連絡を取り、無事契約することになりました。
 今の札幌の賃貸物件の空室率を考えると、今のうちからでも契約を取っておくのも一つの手なのではないでしょうか? 
 一昔前は賃貸物件すらあまり見つからなく、大家さん主導の契約も多かったとのことですが、今の時代はだんだんと入居者主導へと変わってきています。
 多くの物件の中から自分の物件を選んでもらうのが先決ですから、自分の物件をいかに魅力的に見せるかが重要となってきます。
 家具・家電を設置したり、家賃の見直しを図ったり等で、いろいろな方法で他の物件と差別化することによって契約率を高めることができると思います。
 先ほど、来年の3月から契約を受付してくれた大家さんは、自分でいろいろな業者の家具・家電付の物件を研究され、自分で家具や電化製品を購入してきて自分で運搬や設置をしてご親戚の方に貸し出そうとしていたのですが、予定が変わってしまった為、今回賃貸募集をしておりました。
 今回の契約はまさしく、「タイミング」と所有者さんの学習能力が生んだ結果だったのではないでしょうか?
以 上