社員レポート


営業部 古谷和博

冷房がないところ

 8月は世間では夏休み期間だったこともあり、先月よりも賃貸物件の問合せが少なくなったような気がします。
 今年は特に札幌でも猛暑日が続き、行楽施設も集客に苦労されたようでした。
 例年だと、本州のお客様が避暑地として札幌の家具付マンスリーマンションを探されてくる方もいらっしゃるのですが今年は、あまりいなかったです。
 東京などと気温はほとんど差がなく夕方から朝方にかけては湿度がない分いくらか札幌の方が過ごしやすかった程度でした。
 一度、転勤で東京から札幌へ来る方を案内したときにお客様から、「これじゃ、札幌も東京も同じくらいの暑さだ」と言われたくらいでした。
 これからの札幌の物件もエアコンが必需品になってくるのではないでしょうか?
 そういえば、過去にも本州のオーナーさんから内装工事の時に何回か「エアコンはつけないのですか?」と言われた事がありました。
 その時はこんな暑さになるとは思っていませんでしたので、「北海道は暖房機がついていれば大丈夫ですよ!気温が上がっても夜には気温が下がって肌寒くなりますから。」と返答していました。
 しかし、これからは考え直さなければならないと思います。
 扇風機、冷風機等、家電量販店にいくといろいろな形や色がありその部屋にあった商品を選ぶのも他の部屋との差別化になってくるのではないでしょうか?
 これから9月になります。
 8月よりも過ごし易くなってきて、お部屋探しの方も増えてくると思われますのでいい部屋をご提案できるように準備していきたいと思います。
 9月は大きな学校の留学生、社会人の方の転勤、研修等移動の時期でもあります。
 1件1件のお客様を大事に接客し、喜んでもらえるように頑張っていきたいと思います。

以 上