社員レポート


営業部 古谷和博

賃貸事情

 賃貸に関しては、新入学生や新社会人のお客様は2月・3月で物件を見つけて契約された方が多いのですが、新社会人の方が研修中のホテル代わりとして家具・家電付の物件を短期契約でという方が何人かおりました。

 昨年の例からだと、現在、賃貸で住んでいる方が引越しを考えてゴールデンウィーク過ぎから下見をして引っ越す方もいらっしゃる為、この時期にきっちりと内装や清掃をしてお客様を迎える準備期間だと思います。

 それと、当社で賃貸募集しているお部屋でなかなか賃貸の反響がない物件に関しては家賃の見直しや設備の充実等、ご提案させていただいております。

 また、札幌市の他業者の動向やお客様のニーズにこたえるためいろいろな情報をTV、雑誌、インターネットで調査する必要があります。

 最近多いお客様からの問合せの一つとして、インターネット環境やデジタル放送等の受信環境があります。

 大抵はマンション管理会社や管理人に聞くことが多いですが、自分で物件に行ったときにマンション入口に掲示されているチラシ等も見るようにしています。

 入口に掲示されているもので、そのマンションの入居者の状態や管理状況が判断できることもあります。

 ゴミの分別や出し方、夜中の騒音問題、ペット飼育、駐車場の空き状況、町内会のイベント情報等が多いです。

 賃貸マンションは、管理人が住み込み、通勤でいるところは大体はキレイに管理されており、入居者の方も安心でしょうが案内時に入口付近にゴミが散乱しているようなところは、なかなか賃貸が決まらないケースが多いです。

 ですから、売買のときもそうですが物件を決める条件として物件の管理状況も判断材料になるのではないでしょうか?

 自分の部屋だけキレイにしていても、マンション全体もキレイになっていないとなかなか空室を埋めることも難しくなってきますので、マンションの議事録を見て確認をしたり、総会に出て自分の意見を言うのも大事ではないでしょうか?