社員レポート


事務局 藤田

事件から

 7月も後半になってからようやく北海道でも夏日が続き、外出して戻ってくると社内が涼しくてクーラーのありがたみを感じていました。ただ、夏に体調を崩すと長引いたり治りにくいといいますので、汗をかいて体温を下げすぎたり、冷たいものを食べ過ぎたりしないように注意したいと思います…。

 本州では異常気象なのか、驚くような気温、長雨の影響で洪水、土砂崩れなどの災害のニュースをよく目にしたような気がします。

 業務のことでは7月に賃貸の問い合わせが多かったのは、やはり家具付物件で短期契約のできるものだったように感じます。高齢者の方でも、本州から避暑地で短期の契約をするのにインターネットを見て問い合わせをしてきて、契約になったのが一番印象的でした。

 携帯電話を使ったことがないと言うことでしたが、北海道で一人暮らしをすると言うことで「プリペイド式携帯を持ちました!」と言っていたのが印象的でした。娘さん、息子さんも遊びに来たいというお話でしたので、今年の夏は涼しい北海道を満喫していただけたらいいなと思っています。

 また、パロマの湯沸器の話題で、後半になってから大家さんからの電話で「うちの物件はパロマの湯沸器を使っていないか調べて欲しい」という問い合わせもありました。やはり人命に関わる事ですので心配だったと思います。

 私も、シンドラー社のエレベーター事件や、パロマの湯沸器のニュースを見て、自分の住んでいる賃貸マンションは大丈夫かチェックをしたことを思い出します。

 何度か再契約をしなおしている物件もありますが、そのつど「どうですか?」と聞いてみると、1ヶ月単位で再契約できるのがとてもいいと言っていました。いつ戻るかはっきりしないという事だそうです。別の人はホテルに暮らしているけどとても高くつく、と言っていました。8月で4度目の再契約になりますが、毎度電話をすると「もうその時期なんですね、早いですね」と言っていまして、きっと「退去します」と言われると少し寂しく感じるのかもしれないなぁと思いました。