社員レポート


営業部 西田

家具のニーズ

 年末は客足も少なくなり、また飛び込みで来店されるお客様は、急いで部屋を探しているが保証人がいないなど、条件の難しいお客様が多かったような気がします。そんな中、家具・家電付き物件については、法人契約・短期契約等、シーズンとは関係なく以前として好調です。12月中旬から、各地区担当分けして、空室対策としてオーナーに対し家具・家電付き物件を勧めるなどの提案をしていますが、オーナーのほうも当社のからのダイレクトメールやホームページをよくチェックされており、すぐに手配して早く入居者がつくようにしてほしいとの要望が多くありました。


 おかげさまで12月・1月は家具・家電の手配でいっぱいでした。次回からの反省として、シーズン前の空室対策は、もっと早く行い、ダイレクトメール送付後タイミングよく電話がけフォローをすると効果的だと思います。



 家具・家電付物件がなぜシーズンと関係なく年間を通して人気が高いのかを私なりに考えてみますと、賃貸入居者が多種多様化しており、どんな需要があるのか分からないというところにマッチしているのではないでしょうか?札幌の投資向け中古分譲マンションは築年数は古いですが、地下鉄駅に近い等、新築にはない利便性があります。その上にさらに、家具・家電付きですぐに生活でき、諸経費全納すれば敷金無し・保証人無しという利便性をつけることは、さまざまな需要に対応しやすいといえます。



  また、当社の家具・家電付き物件にお問い合わせいただくお客様は、他社物件に流れにくいというメリットがあります。お客様をお部屋にご案内した後、「もう少し考えて、よその物件も見てから決めます」とおっしゃるお客様が少ないのです。ほぼ当社の家具・家電付き物件のなかから選んで決めていかれます。それは他社物件にはない商品だからでしょう。当社で鍵をお預かりし、管理させていただいている物件だからこそできるサービスです。



 1月以降、引越しシーズンに入りますので、この時期に空室を埋めていくよう、今後とも頑張ってまいりたいと思います。