社員レポート


営業部 草野裕樹

あなたは負け組み?それとも勝ち組?

  今、当社では家具つき物件を増やし、今まで賃貸が決まりづらかった物件を成約に結び付けている。
 
賃貸物件には場所や築年、構造、間取りなどに恵まれた物件とそうではない物件に分かれる。この二者を賃貸の成約率にて比較した場合大きな差が出てしまうのは言うまでもない。通常、賃貸は、シーズン外は落ち着きを取り戻す傾向にあるが、前者はこのシーズン外の時期であったとしてもある程度の反響があり成約にも結びつき易い。一方、後者はシーズン中も成約には至らず長期空室に陥ることも珍しくはない。この際所有者は賃貸入居者がいないため管理費・修繕積立金はおろか固定資産税等も自ら支払う義務を負う。物件=商品があっても流通しない不経済が起きるのである。


では、賃貸物件にあって入居者がなかなか決まらず長期で空室になってしまうと貸主は一般的にどのような行動をとるであろうか。

 
他社物件もそうなのだが賃料をぐっと下げる一方業者への手数料を増加させ成約という吉報を待つ。

 
しかし今の世の中そんなに甘くないのが現実である。「果報は寝て待て」という故事があるが、現実的にはこの果報を寝て待ってもいつまで経っても賃貸は決まらず支出が増大し、故障箇所があっても補修に手が回らなくなるという悪循環を生むだけではないだろうか。

 
賃貸は入居者が入って初めてお金を産み落としてくれるのであるから。

 
ではこのまま黙って業者や他の貸主が言うように賃料を下げ続け手数料を多くするという方法を採るしかないのか?

 
この打開策については当社のミーティングにおいても多く会議され頭を悩ませてきた。他業者への手数料を多くしたことや賃料の大幅値下げをしたこともあった。いずれもまったく効果がないわけではないが目に見える効果は正直無かった。むしろ余計な労力と費用だけが飛んで入ったような気さえする。


 そんな中、アパマンプラザは他社の行っていないサービスや競合する割合の少ない分野に対する開拓を模索し始めた。これが3月のはじめくらいからだったと思う。もちろん暗中模索で何をどうするかも手探りである。最初は手探りでもきっかけを掴むと効果は少しづつ出始めてきたと思う。「何もせず賃料ダウンよりも何かをして賃料アップをする。」
 
付加価値を付け成約を勝ち取ることこそ貸主と不動産会社が共に歩んでいくプロセスなのではないだろうか?
 
その方法・手段はその時期や社会動向でまったく異なってくるが何もしないでいることこそ自滅への一歩である。

 
もしこれが誰かの目に留まり読んでいただけるなら少し考えてほしい。

 
「何もしないで負けていくのと、何とかして踏ん張っていく」この二つがどれだけの差があり勝ち残る可能性があるのはどちらかということを。