社員レポート


営業部 石黒修司

投資と年金

 最近の話題と言えば、イラクの派兵問題などが、よく
新聞やテレビ等で報じられていますが、年金の問題についても、よく取り上げられています。書店に行くと、年金対策についての本が、たくさん平積みされています。
その中でも、マンション投資に関する本がたくさん出ています。その事が関係しているかはわかりませんが、最近、投資向けの売買物件に関する問合せの電話や来店が増えています。そのお客様の内訳をみると、今までマンション投資に興味のなかった新規のお客様が多く、20代後半から30代にかけての若いお客様が多い様に思います。


 これから先、私達が年金を受け取る頃には、いくらもらえるかわからない時代です。預金をしていても利息が二束三文なので、老後に備えていろいろと考えなければなりません。その対策として、20代後半から30代にかけての若い方が、マンション投資に関心を示しているのだと思います。

 最近、新規で反響のあったお客様に、当社を知ったきっかけを伺うと、インターネットを見てというお客様がほとんどです。もちろん、他社のホームページも比較、研究して当社に問い合わせをされていますが、当社に問い合わせをしたのは、札幌の投資向けのマンションを扱っている不動産業社の中で、物件数が多く、実績があるからだと思います。

 インターネットの普及に伴い、人気のある物件は、ホームページに掲載すると、1日もたたないうちに申込みが入る時もあります。先にお話した、マンション投資の本ですすめている物件に反響が集中しているような気がします。0

 最近、よく反響がある物件は、200万円台から300万円台の価格で、立地は、地下鉄の駅から5分以内、間取りは、20u以上で、洗濯機置場があり、年利回りが、12%以上のものです。もちろん、築浅で、浴・トイレ別、オートロック、外壁がタイル貼等であれば、即決まってしまいます。

 そのような物件をもっと提供できるようにより努力していきたいと思います。